給料差し押さえの金額は?給料全部?

資産(動産・不動産)があれば
そちらから差し押さえて換金するでしょうが、

 

目ぼしい資産がない場合は給料を差し押さえます。

 

そしてどれくらいの額を差し押さえて徴収するか
というと、これが計算式があるようなのです。

 

結論を簡単に言うと、
手取り20万円程度は残されるということ。

 

20万円あれば”生活できるでしょ?という訳。

 

仮に手取り28万円の人なら8万円。
手取り40万円の人からなら20万円。
22万円の手取りなら2万円を差し押さえる。

 

そういうことのようです。
つまり、手取り20万円以下の人の給料からは
差し押さえ自体ができないということです。

 

サラリーマンの平均年収が400万円程度。
ボーナスなどを除けば平均手取りは25〜8万円。

 

5万円〜8万円も差し押さえられたら
たまったものじゃありませんね。

 

さらに、最後通告が来てから交渉しても、
公平性を保つためという建前から
差し押さえられる金額と同等の額を毎月納付しないと
まったく話にも乗ってくれません。

 

給料を差し押さえられるという
社会的立場の損失を考えれば、

 

なんとかお金を工面しても
滞納している税金は払っておいたほうがいいことは
解っていただけたかと思います。